2015.07.21更新

ワイヤーでの歯列矯正を始めた場合、多くの方に起こることが口内炎です。なぜ口内炎が起きてしまうのかといえば、装置がお口の粘膜に当たることでお口に傷ができてしまうため。最近のワイヤー矯正器具は昔のものと比較すると格段に薄く柔らかい素材にはなっていますが、やはりほっぺたの口内炎は、矯正治療中に起こってしまいます。

これから矯正治療を受けたいと考えている方の場合、少し思い浮かべてみてください。
普段口内炎ができてしまうと、それだけで集中力を欠いてしまいませんか?
食事も普段どおり楽しめず、辛い思をしませんか?
ワイヤー矯正には費用が安いなどのメリットがありますが、実はこのようなデメリットもあるため、どの矯正装置を選ぶかは非常に重要な選択でもあるのです。

インビザラインの場合は、お口にフィットする柔らかいマウスピースのため、ワイヤー矯正のように口内炎が頻繁にできるといったデメリットはありません。しかも食事中はマウスピースを外していつも通り食べられるため、楽しく治療が行えるのです。

ワイヤー矯正を行っていると、頻繁に起こる口内炎の痛みで食欲が減退してしまう方もなかにはいらっしゃいます。そのため食事が何より楽しみという方は、私はインビザラインをおすすめします!

投稿者: 目白歯科矯正歯科

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

目白歯科矯正歯科 tel:03-3953-9000 診療時間10:00~13:00 15:00~20:00 土日祝18時まで 定休日なし 矯正相談予約はこちらから
お問い合わせ
24時間対応 矯正相談予約はこちら
選ばれている理由 当院の治療方針 インビザライン補助装置 矯正費用について
お問い合わせはこちら
院長ブログ
目白歯科矯正歯科 official site