2015.08.25更新

ブライダル矯正 当院では「ブライダル矯正」を行っています。
ブライダル矯正とは、矯正途中であってもお式やパーティーの最中は矯正装置を外せる治療のことであり、ビデオや写真などを美しく残したいと考える女性に選ばれています。
ブライダル矯正のメリットはお式当日に矯正器具を外せる点ですが、ワイヤー矯正の場合は1点注意が必要になります。

ブライダル矯正はワイヤーでもインビザラインでもどちらでも対応可能ですが、常に装着しなくてはならないワイヤー矯正の場合、お式の前にワイヤーを医院にて外し、お式が終わったあとまた医院にて装着することとなります。

基本的に器具を装着し続けなければ歯並びが綺麗に直らないワイヤー矯正の場合、お式~二次会といった長時間は取り外すことができません。
最近では写真撮影とお式を別日に行う方もいらっしゃいますが、このような場合もワイヤーを外しっぱなしにすることは、治療の面から難しいといえます。

しかしインビザラインは取り外しが可能な矯正器具のため、お式~2次会の間ずっと矯正装置を外すことができます。
インビザラインの装着時間は1日20時間。
お式の直前にインビザラインを外し、2次会会場への移動中には装着するといった方法をとれば、20時間という時間も可能ですよ。

投稿者: 目白歯科矯正歯科

2015.08.17更新

運動のパフォーマンスと歯並びの関係はよく知られており、パフォーマンス向上のためにも歯列矯正を受ける方もいらっしゃいます。
しかし格闘技やラグビーといったコンタクトスポーツの場合、歯列矯正のワイヤーが原因でお口のなかが大変な状態になる方もいらっしゃるのです。

当院にはラグビー日本代表の選手が通院しており、その方はワイヤー矯正を行っていました。ラグビーのように激しいスポーツの場合、ワイヤーで口の中を傷つけないよう、練習中にはマウスガードをはめてもらうのですが、面倒だったのか、マウスガード無しでの練習を行っており、口のなかは常に傷だらけ。
歯科医師である私が見ても目を背けたくなるような酷い状態だったのです。

この方の場合はそれでも良かったようですが、コンタクトスポーツをしながら歯列矯正を希望される場合は、ワイヤーよりもインビザラインをおすすめします。
インビザラインはマウスピースタイプの矯正器具ですが、実はインビザラインの上からさらにスポーツ用のマウスガードをはめることも可能です。激しいスポーツ以外であっても、スポーツ中の無意識の食いしばりを防ぐためにも、インビザラインでの治療がスポーツを楽しむ方にとってはおすすめです。

投稿者: 目白歯科矯正歯科

目白歯科矯正歯科 tel:03-3953-9000 診療時間10:00~13:00 15:00~20:00 土日祝18時まで 定休日なし 矯正相談予約はこちらから
お問い合わせ
24時間対応 矯正相談予約はこちら
選ばれている理由 当院の治療方針 インビザライン補助装置 矯正費用について
お問い合わせはこちら
院長ブログ
目白歯科矯正歯科 official site