2016.01.27更新

人の第一印象は視覚からの情報で決まるというデータがありますが、なかでも顔の印象は口元で決まることをご存知でしょうか?

 

顔の印象の70%は口元の印象で決まる?

 

欧米人と比較すると、日本人はあまり口元のケアをしないといわれていますが、確かに欧米人のようにホワイトニングや矯正治療を行う割合はまだまだ少ないと感じます。
なぜ欧米人がこれだけ口元にこだわるのかといえば、口元の印象が顔全体の印象を決めることを知っているからです。事実統計として、顔の印象の70%は口元からくるとのデータがあります。

 

形が不揃いな歯や隙間のある歯はそれだけで貧相に見えてしまいますし、汚れた歯や黄色くなった歯は清潔感があるとはいえませんよね?
このように私たちは、知らず知らずの間に第一印象を口元で決定してしまっているようです。

 

お肌のお手入れももちろん大切ですが、若々しく綺麗に見られたいと考えるのであれば、歯並びや歯の色を綺麗にすると、第一印象はグッと変わります。
矯正治療はお口の状態が健康であれば、年齢を問わず何歳からでも始めることが可能ですので、一度当院にご相談ください。

投稿者: 目白歯科矯正歯科

2016.01.14更新

矯正治療を受けたいけれども、痛いと聞くからやりたくないという方も良くいらっしゃいます。
確かに24時間つけっぱなしのワイヤーが常に歯に力を加える矯正治療は、多少の痛みを伴うだけでなく、ワイヤーで口の中を傷つけることもあります。

 

しかしインビザラインであれば、ワイヤー矯正のような痛みを伴うことはありません。
その理由は、インビザラインは緩く力をかけるよう設計されており、アライナー(マウスピース)1枚あたりの歯の移動量が歯根膜の厚さと同じ0.25mmと決められているからです。

 

少々難しい話ではありますが、歯の土台である硬い骨の根の周りには軟らかい歯根膜という組織があり、ここに力を加えることで歯が動きます。
当然強い力を掛けるとそれだけ早く歯は動きますが、その分痛みを伴うことに。しかしインビザラインはこの歯根膜に負担がないよう設計されているため、治療中の痛みがほぼないのです。

 

また、ワイヤー矯正のようにワイヤーが引っ掛かって口の中を切ることもありません。さらにはマウスピースならではですが、力が程よく分散されるため、痛みも分散されるのです。

 

痛い矯正治療が嫌だとお考えの方は、インビザラインによる治療がおすすめです。
当院にて治療を受けた方は皆さん「痛くない」とおっしゃっていますよ。

 

インビザラインが痛くない理由

投稿者: 目白歯科矯正歯科

2016.01.05更新

インビザラインに限らず、矯正治療前に歯周病が見つかった場合は、まずは歯周病の治療から開始します。
歯周病とは細菌が骨を溶かしてしまう病気。歯を支える土台となる骨がぐらぐらしているにもかかわらず矯正治療で歯を動かしてしまえば、大変なことになってしまうからです。

 

歯周病の原因の多くは、ブラッシングが正しく行えていないことがほとんどです。そのため歯周病の治療は歯科衛生士によるお口のクリーニングに加え、患者さん本人に正しいブラッシング方法を身につけていただくことから始まります。

 

お口の状態が綺麗になったらインビザラインによる治療を開始しますが、ここでも気を抜いてはいけません。ワイヤーによる矯正治療は月に1回通院する必要があり、尚且つ複雑なワイヤーが歯に掛けられているため、皆さん普段よりも丁寧に歯磨きを行ってくれます。

 

歯磨き

 

しかしインビザラインはマウスピースを取り外して歯磨きが行えるため、歯磨きに対する注意が行き届かないこともあります。
食事をしたらきちんと歯磨きを。そして歯みがき後は、清潔なマウスピースを装着するように心がけてくださいね。

投稿者: 目白歯科矯正歯科

目白歯科矯正歯科 tel:03-3953-9000 診療時間10:00~13:00 15:00~20:00 土日祝18時まで 定休日なし 矯正相談予約はこちらから
お問い合わせ
24時間対応 矯正相談予約はこちら
選ばれている理由 当院の治療方針 インビザライン補助装置 矯正費用について
お問い合わせはこちら
院長ブログ
目白歯科矯正歯科 official site